府中市 京王線「東府中駅」の歯科医院
  • 最大
  • 標準
文字サイズ:

睡眠時無呼吸症候群

歯医者ではスリープスプリント作製します

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時にのどの気道がふさがれ、大きないびきをかき、1回10秒以上の呼吸停止を繰り返し引き起こす症状があらわれる状態をいいます。また、いびき症は、症状としてはいびきだけがみられる状態をいいます。無呼吸はみられません。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群は、熟睡ができないため、睡眠時間を十分とっても疲れがとれない、だるさが残る、日中にあくびや居眠りをするなどの症状があります。放置すると高血圧や糖尿病、心臓病、脳卒中の原因になることもあり、改善が必要です。

睡眠時無呼吸症候群、いびき症・いびきの軽減の治療は、原因に合わせてさまざまな治療方法があります。治療法の一つに、歯医者で作成する「スリープスプリント」が用いられます。

スリープスプリント

スリープスプリントとは、いびきや睡眠時無呼吸症候群の歯科的な治療の器具です。睡眠時に着用し、下顎を前進させた状態を固定することにより、上気道の閉塞を防ぐ効果があります。歯医者では、あなたにあわせたオーダーメイドの「スリープスプリント」を作ることができます。

※スリープスプリントの作製には、事前に内科、呼吸器内科、精神科、耳鼻咽喉科などで検査を受け、紹介状が必要になります。紹介状をお持ち頂ければ、保険適用となります。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る