府中市 京王線「東府中駅」の歯科医院
  • 最大
  • 標準
文字サイズ:

入れ歯・インプラント

歯が抜けた時の治療、入れ歯・インプラントのご案内です

歯が抜けた時の治療

歯を失ったままにしておくと、見た目が悪い、食事がしにくい、だけではなく、抜けた歯の部分に別の健康な歯が移動してしまい、噛み合わせがずれ、アゴに痛みが生じ、歯磨きをしにくい歯並びになってしまうこともあります。

歯を失った時の治療には、入れ歯、ブリッジ、インプラントの治療方法があります。それぞれのメリット、デメリットをお話し、患者さんが一番良いと思われる選択肢を選んで頂き治療を行います。

入れ歯

入れ歯は、インプラントと比べ「手術の必要がない」「歯が抜けるたびに作りなおせる」「インプラントに比べると安価」などのメリットがあります。

審美の入れ歯「金属バネがない入れ歯」

入れ歯をはめた時の金属が気になる方へは、審美的に優れた「金属バネがない入れ歯」を作製することができます。金属バネがない入れ歯は、弾力性・強度に優れており、軽く・薄くすることが可能です。金属を使用しないため目立たず、金属アレルギーの心配もありません。有用性と安全性も確認されています。

インプラント

インプラントは入れ歯と同じく歯の抜けた部分の代わりを補く治療方法です。入れ歯に比べ高価な治療方法ですが、顎の骨に直接人工歯根を埋め込むため、しっかりと物を噛むことができるようになります。見た目もまるで自分の歯と変わりません。人前で口を開けて笑う事が出来るようになります。

インプラント治療を行うには、事前に歯周病治療などを行っておく必要があります。どなたでも適用できる治療というわけではありません。インプラント治療にご興味をお持ちの方は、診察の際お気軽にご相談下さい。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る